社会福祉法人
暁光会大阪支部

 社会福祉法人暁光会大阪支部は、社会的弱者と呼ばれる、知的・身体的障害を持つ者や、野宿生活をせざるを得ない状況下にある者を対象に、廃品回収・リサイクル活動(集まった古紙、衣類、金属くずの選別作業と、それらの売却)により生計を立て、共同生活を営んでいます。現在のメンバーは16名。うち知的障害者3名、身体障害者3(重複あり)、元野宿生活者をしていた者6名の他、有志で参加している者が含まれます。社会福祉法人暁光会は他に神戸市中央区・神戸本部、箕面市・あかつき特別養護老人ホーム、東京練馬区・エマウスの家、大阪市西成区・暁光会ひかり学園(保育園)を運営しています。

 暁光会はフランスで始まったエマウス運動の日本の支部ですが、そのエマウス運動とは、弱者支援、自立、尊厳の獲得を目指した世界的な運動です。自分の利益を求めるのは簡単ですが、それはいつの世も社会的弱者を生み出します。自分や自分の所属する集団の利益を求めるエゴイズムを離れ、支えを必要とする者の支えとなることで、利益や物質的価値に依らない価値を見出します。そうして営まれる人の生活は、高価な物に囲まれた、最新の物に溢れた生活よりも人間らしいものと暁光会では考えます。貧しく、日々生きるために四苦八苦しても、それで得た僅かなもの分かち合える心、暁光会では、物質的な利益を求めるのではなく、心の豊かさを目指して活動しています。

HOME